☆ 創業1900年(明治33年) ☆


★ (有)松岡商店へようこそ ★

弊社は2019年10月1日より消費税率10%で、ネット又は実店舗で販売致します


卸しの包材屋で御座います。

聞きなれた言葉ではラッピングショップです。

卸し会社としては珍しく店舗も構えて商いさせて頂いております。

和洋菓子の軟包装を主に商いを名古屋で約119年

させて頂いております

特に和菓子の包材商品に関しましては

同業様、原材料屋様をお客様に持ち

困ったら、松岡へ』と言って頂けるほど自信を持っております

その中でも『掛紙、熨斗紙』、『水引、熨斗』など

日本伝統の包装資材は出来る限り在庫を持ち

出来る限り小ロットで販売させて頂いております

 

他にも別注(大、小ロット)、各種包材メーカー既製品、紙関係

化成品関係、包装資材関係全般を提案、販売させて頂いております

 

小さな小さな会社ではございますが

119年余りのノウハウと経験、『まごころを包む』をキーワードに

本物のキメ細やかな包装を提案させて頂いて到しております。

 

卸商ですので小売り出来る商品には限りがございますが

プロ和洋菓子職人様以外に

最近では一般のお菓子作りをご趣味にされていらっしゃる方々にも

御ひいきにして頂いております

下記のページに載っている商品が全てではございません

卸商と言う事でございますが

ご遠慮なさらずに

大小どんな事でもお気軽にお問い合わせくださいませ

● web内メニュー ●

只今、弊社で一番おすすめしたい商品です。

梅型の水引かざりです。

色も沢山あり、ちょっとしたアクセントに

かなり使えます。

 

詳しくはこちらより

●更新やお知らせ●

☆ 再生紙手提げ ☆


今日は紙袋・paperbagの紹介です

何故か分かりませんが2年に1回程度のペースで

再生紙を使った紙袋がメーカー様より紹介されます

多分、原紙メーカーより紹介があるのだろうと

付き合いもあるので何十トンか買って商品を作っているのだろうなぁと

メーカー様も中々に大変です...

 

これからの世の中は分かりませんが流通に乗るのが中々難しいです

理由は、再生紙は古紙パルプを混ぜます

その為、どうしても非再生紙・パルプ紙の様にサラではなく

点々と古紙の色が出ます

それは古紙パルプの配合率にも準じます

率が高ければ高いほど点々と古紙の色が出ます

 

それを今までは「汚れ」と認識されている為に

小売り販売業界では敬遠されてきました

 

また、再生紙は生成するのにとても手間と技術がかかるので

紙としても大変高価であるのでコストの面でも問題があります

実際にこの手提げも非再生紙の商品に比べると高いです

ただ、日本の古紙パルプ・再生紙の技術は相当に高く

追随する国がまだない程に素晴らしいです

海外品の再生紙を使用した商品とホントは比べて頂きたいです

 

考え方かなとも理解しています

その点を汚れではなく紙の個性としてとらえる

例えば、『和紙』です

淡いクリーム色・生なりの色のものが多いですよね?

また、楮紙の様にあえて木の皮を混ぜて作るものさえあります

それを汚れと言う人は日本人であれば中々いないと思います

コストに関しても手間がかかっているので

和紙はとても高級です

機械漉きであろうが、手漉きであろうが高級です

 

技術がいるモノは高級になってしまうんです

 

似たような感じがしませんか?

和紙と再生紙って

 

いずれは、理解が深まり日本は再生紙の方が使用率の高い

優しい国になる事を期待したいです

続きを読む

☆ 一般様向きオンラインショップラインナップ ☆

最後に

お手伝いできること』『ご相談にのれること

にも限りがございますが

どんな小さなことでもお気軽にご相談下さいますよう

宜しくお願いいたします